プロフィール

塩部 泰

Author:塩部 泰
京王線芦花公園駅を挟んで南と北にある2つの接骨院、名倉堂接骨院の院長日記です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

院長日記
接骨院の院長の日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男泣き
朝一、とんでもない吉報が飛び込んできた!
なんとヤンキースの黒田博樹投手が、
我が広島カープに復帰することが決まったというのだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141227-00000006-spnannex-base

メールで知らせを受けた瞬間から、
私の眼には涙が溢れ続けている。
こんな男がいるなんて・・・
嬉しいを通り越して、感動している。

メジャーのオファーは
21億円以上といわれている。
カープの提示は4億円・・・。
普通に考えれば有り得ない復帰だ。
来年の税金だって払えない!
しかし、この男は広島を選んだ。

『君が涙を流すなら、
 君の涙になってやる
  カープのエース、黒田博樹』

これは、国内FAをするか悩んでいた黒田に
ファンが残留を願い掲げた言葉だ。
この言葉で黒田は広島残留を決意した。
そして、カープ相手に投げることを避け、
翌年オフにメジャーに移籍した。

今度は黒田がカープファンの涙となった。
この涙は、感動の涙だ。ありがとう。
私は、この涙を大事に取っておく。
来年の日本シリーズが終わるその時まで。

他にも、年棒10分の1になっても
広島に帰ることを選んだ新井。
そして、5分の1の広島を選んだ黒田。
他のチームなこんなことは絶対に有り得ない。
しかし、カープにはこんな奇跡が起こるんだ!

今日は、声を大にして叫びたい!

『広島カープ最高!
 これまで応援してきて本当に良かった!!!』
  
広島から遠く離れた世田谷の空の下に、
カープに人生を捧げている骨接ぎがいることを
このブログを見た方だけが知っている(笑)








スポンサーサイト
トイレ難民
 12/21予てから約束していた、東京ドームシティ―で開催されている「妖怪ウォッチわくわく冒険島」というイベントに参加しに、家族と娘の友だと家族と共に。当然のことながら、イベントだけで終わることは無く、寒空の下遊園地で遊びまくる事となった。しかし、この日の東京ドーム周辺は異様な事態となっていた・・・。
 それは、嵐のコンサートがあった事だ。お蔭でフードコートは満員で落ち着いて食べることもままならない。食べてる席の傍らに席が空くのを待って立ち尽くす人が居る有様。問題は、朝から居座る嵐ファン。。。コンサートは夜から。なのに朝からこの状態だそうだ。どんだけテンションあがってるんだと、あきれるやら怒りを覚えるやら・・・。
 しかし、フードコート以上にパニックだったのは、女性用のトイレ!夕方の五時頃。丁度コンサート前に済ませておきたい方が多かったのか、どこもかしこも女性用トイレには大渋滞!娘も丁度行きたがったのだが、どこも30分以上並ばなければ入れず。何故、遊園地に遊びに来ただけなのに、こんな目に合うのか・・・。コンサート用に仮設のトイレでも用意すればいいのでは?なんにせよ、子供の遊び場には似つかない非常事態!何とか間に合ったものの、あと10分は入れなかったら小1の乙女のプライドがずたずたに成るところ、正に危機一髪!
 聞けば、コンサート前にグッズ販売があり、その後時間をつぶすために遊園地になだれ込んでいるのが元凶のよう。天下のジャニーズさん。もう少し周囲への影響に気を配ってくれてもいいんでねぇの?5万人集まれば傍若無人ぶりが許されるわけではないでしょうが。子供の夢を壊さないためにも、万全の備えをしてコンサートをするべきだよ。まぁ、今後は調べてから行くけどさ。

年末年始診療のご案内
あ

休日診療のお知らせ
sss

御礼
 この度は、衆議院の解散に伴う総選挙におきまして、皆様と共に戦い最高の結果を得ることが出来ました。思いを共にして頂いた皆様に深く感謝すると共に、代議士にはあくまでも我々の代表者・代弁者として益々活躍していただきたいと思います。今回の結果で生まれた安定与党の間に、難しい案件が山積しておりますが、この4年の任期の間に、全てかたを付けて欲しいと思います。私は現実的な人間ですので、アメリカ進駐軍が作った憲法を後生大事に持ち続ける意味は感じておりません。時代と共に変わるべきところは変わってもいいのではないでしょうか?勿論、変えない方が良い部分は残して。なんにせよ、新しく船出した政権を心から応援するものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。